スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふすま粉のクッキー

全粒粉と一緒に買っておいた小麦ふすま粉を初使用。
何か簡単な甘いものを作ろうと、クッキーにしてみた。

IMGP0645.jpg

ざくざく食感でなかなか美味しい(^^)
レシピはネット検索したものを少しアレンジ。

~レシピ~
薄力粉80g
小麦ふすま粉40g
きび砂糖40g
白ゴマ大匙2
サラダ油45g
以上を混ぜ合わせて2cm未満に丸くまとめて、三点セットで180度20分焼成。

まとまりづらいので、ポリ手袋でぎゅっと握るようにして丸めた。
サラダ油をバターにしたらまた香りが違って美味しいかも。ゴマのかわりにココアを混ぜるとか。
焼成中は畳のような香り。
お砂糖は10gくらい減らせそう。
スポンサーサイト

軽いチョコレートケーキ

チョコレートのケーキが食べたいけど、市販のものや数あるガトー・ショコラのレシピはだいたいがくどそう。ずっと前に気に入って何度か使ったネットのレシピが消えてしまったので、自分で作ってみることに。

IMGP0584.jpg

卵とチョコレートで固めるタイプは濃厚になり、粉を入れて卵もよくあわ立てればその分軽くなるだろう、、、という事で、レシピを考えて見た。こういうのはガトー・ショコラって呼んではいけないのかしら。フランス語で”軽い”をつけてみるとか。。

~レシピ~
薄力粉60g
BP小さじ1
チョコレート70g(今日はヴァローナフェーブ カラク・・・カカオ56%)
バター60g
グラニュー糖50g
卵2個
粉糖

チョコ&バターは一緒に湯煎で溶かしておく
型は15cm丸型に紙をセット。

卵は湯煎で温めながら泡だてて、粉類をあわせてふるい入れて混ぜ、だいたい混ざったらチョコ&バターを投入して混ぜ、3点セットで予熱したオーブンに入れて180度25分焼成。冷めてから粉糖でお化粧。

いつもより予熱時間が短かったのでヒヤヒヤした。卵は後半低速で泡を整えて、生地は混ぜすぎないように気をつけて、チョコ&バターは一部を先に混ぜてから、、大変おおらかな作り方で、失敗だったらどうしようと心配しながらだったけど、結果かなりイメージに近い感じに出来た。口に入れる時はフワっと軽いのに、食べるとチョコレートケーキ、というイメージ。
甘みも丁度よいし、もう一切れ食べようかな?って思うくらいの軽さ。
これでトップがバリ~ンと割れていればテンションアップ!・・・を目指して、少しづつ改善。
ナッツを刻んで入れても美味しそうだし、アーモンドプードルを加えてみるのも良いかも。
ひとまず嬉しい(^^)

全粒粉のカンパーニュ・フリュイ

全粒粉100%のカンパーニュ。
レーズンも入れて、とても好みの感じに焼きあがった!

IMGP0208.jpg

今回は粉の味と特性を確かめる為にバターと卵は除外。
ほんの少し酸味があって、全粒粉の香りも堪能できた。
焼いている時の香りは前回と全く異なり、とても素朴でシブい香ばしさ。

この粉のたんぱく質含有量を問い合わせたら、100gあたり11.2gという回答。
(収穫時期によりプラスマイナス有)
全粒粉は低たんぱくでミネラル豊富だから選択した訳だけど、強力粉タイプの場合、
たんぱく質の含有量は普通の準強力粉と同じくらいという事みたい。
ハードパンにぴったりの訳だ。捏ねている間も扱いづらくてちょっと苦労した。
バヌトンの打ち粉が甘くて、二次発酵の後くっついちゃうし。

IMGP0235.jpg

<今回のレシピ>
全粒粉270g
きび砂糖15g
ドライイースト4g
塩ひとつまみ
水180mlくらい
大粒レーズン適量

一次発酵1時間、レーズンを混ぜ込んで丸くまとめ、久々のバヌトン登場で2次発酵40分。
抜くほどのガスはないけど、一次も二次も油脂が入った時よりも膨らんだ。
焼成はオーブン付属の天板をさかさまにしたのと銅板で、230度で25分焼成。
残り5分でホイルをかけた。

100%全粒粉パン

久しぶりにクオカでお買い物。100%全粒粉のパンを焼くために買って見た
粉は、北海道産全粒粉。美味しそうな粉がいろいろあって迷ったけど、
まずは「レシピの強力粉の分量をそのまま置き換え」出きるという粉にした。
癖のないあっさりしたパンが出来たけど、もっと香りがしてもいいかな?

IMGP0178.jpg

成型した時点で傾いてたので、予想通りの反対側。
IMGP0185.jpg

全粒粉100%だともっと茶色くて膨らまなくてみっちりしているイメージが
あるかもしれないけど、柔らかくしたくてバターや卵を入れて、よく捏ねて
作ってみた。それにこの粉はすごく使いやすいのかも。
全然窯のびしたし、そのまま食べると固いけどトーストしたらフワフワで
サクサク!

IMGP0189.jpg

<今日のレシピ>
全粒粉250g
きび砂糖20g
塩ひとつまみ
ドライイースト4g
卵1個
バター20g
加水はドライイーストを予備発酵させた分とあわせて、ぬるま湯を様子を
見ながらでだいたい60mlくらい。

いい感じに滑らかになるまで10分捏ねる。
一次発酵は1時間(普通のパン程膨らまない)、3等分して畳んでバターを
塗ったマトファーのケークドロワにセットして2次発酵30分。
190度で35分焼成。

あまりいい香りがするからオーブンを覗いたら残り11分時点ですごく
膨らんでいたのであわててホイルをかけた。
軽くトーストしてサンドイッチにしたらすごく美味しそう。

ナッツのプチパン

タイプER、全粒粉の家にあった残りで久しぶりにパンづくり。
次は100%全粒粉で作りたい。

IMGP0099.jpg

<今日のレシピ>
全粒粉72g
タイプER170g(+加水しすぎたのを調整するために数十グラム)
きび砂糖20g
塩小さじ1/4
ドライイースト3g
加水200g弱
10分ローストしたクルミとピスタチオを混ぜ込んで、210度で15分焼成。

この香り(^^)
やっぱり全粒粉が入るとより香ばしくてすごく美味しい!

全粒粉クッキー

夏の入退院を機に肌荒れが続いていて、ついに皮膚科で血液検査を受けて
栄養指導をお願いしたら、糖質過多のミネラル不足。炭水化物を控えめにするようにと。
採り過ぎているつもりはなくて、見直せるとしたらパンケーキランチくらい。
最近は強力粉&全粒粉ベースでバターも卵も無しのシンプルレシピが一番好みに
あっている事がわかり、フルーツを入れたりして楽しんでいたのだけど。。
とりあえず、全粒粉中心のパンやクッキーが焼きたくなり、今日は簡単にクッキーを。

IMGP0076_20131014104113b12.jpg

<今日のレシピ>
全粒粉100g
きび砂糖15g
塩ひとつまみ
バター15g
卵1個

粉類を同じボールに入れて攪拌したら柔らかくしたバターと溶いた卵を投入して
ゴムベラで混ぜて押す感じでまとめる。冷蔵庫で休ませている間にオーブン予熱。
薄くのばした時点で柔らかすぎたので5分冷凍庫で冷却。
四角にカットしてフォークで穴をあけて、オーブンへ。180度で15分焼成。

自分としてはイメージに近い出来だけど、食感のモソモソ感がダンナには不評。
たしかに、これは改善出来たほうが美味しいかも。

クルミ・カマンベールフランス

パンやさんのあずきフランス、チーズフランスが好き。
この間ゲットしたバンズ型でキレイに出来るらしいと知って作ってみる事に。
ネット検索すると全粒粉を入れてる人が多かったので真似てみた。

・・・けど、平焼きパンのはずがかなりの厚みが!
売ってる姿に似せる為には、粉300で6分割は、一個あたりが多かったみたい(^^;)
バンズは250で膨らませるタイプだったから行けるかと思ったんだけど。
型を使わないで10個とった方が良かったかな?
でも問題なく焼けているし、味も食感もいい感じだし、これはこれであり?!
同じ内容でプチパン成型でもいいような気がしてくる。。

IMGP9712.jpg

<レシピと手順のメモ>
強力粉 270g
全粒粉 30g
ドライイースト 3g
水 160cc+α
きび砂糖 10g
塩 3g
無塩バター 10g
クルミ 60g
カマンベールチーズ 一個約17gx6(雪印北海道100切れてるタイプ)

ハード系よりはしっかり目に捏ねて、一時発酵50分の後にローストして軽くくだいておいた
クルミを混ぜ混んで、6分割してベンチタイム⇒つぶしてカマンベールチーズを包んで
丸く成型、バンズ型に入れて二次発酵⇒二次発酵後はオーブンシートを乗せて、
更にその上に以前使っていたサイズの小さいステンレス天板を乗せて焼成。
ほんとは銅板が良かったけど思ったよりも軽くて用を足すか心配だったのと、
サイズが更に小さくて型が結構はみ出てしまったのでステンレス天板で。
焼成は3点セットで200度15分+焼き色をつけたくて乗せてた天板をはずして5分。
そんなに変わらなかったかも。
型には一応オリーブオイルをさっと塗って準備したけど、テフロンなのでそれすら必要なさそう。

IMGP9731.jpg

市販の切れてるカマンベールチーズ丸一個は大きいかな?と思ったけど、半分にカットして
あげれば今回の生地量にピッタリサイズだった。これ便利。
IMGP9683.jpg

クルミを6個残しておいて、真ん中に飾ってもよかったな~。
あんぱんバージョンも作りたい。

ところでここ何度か焼くうちにやっとの事でオーブンの癖に確信が持てた。
前の小型オーブンは小さい分熱効率が良くて一切焼きむらが発生しなかったので
気にしたことなかったけど、今のだと毎回だしパンを焼くとかなり顕著。
左側から温風が出るタイプなので左よりの部分はきれいに焼き色がつくけど、
どうしても右より部分は色白気味。かといって焼成途中に左右を入れ替えると
庫内温度が下がりすぎるのでそこまではしない。ホールで焼くケーキだと
表情にもなって必ずしも悪いとは思わないし、やっと人並みに焼きむら体験
出来るようになったという事で。

Pizza dinner

夕食にピザを作った。
パンと違って台で捏ねなくて良いし発酵も30分くらい置くだけなので楽ちん。
直径15cmくらいの小さめのピザが2枚できた。

1枚目はアスパラ・ソーセージ・トマト・チーズ。
IMGP9316.jpg

2枚目はマルゲリータにしたかったけど、モッツァレラを買い忘れてしまったので
バジル+トマトにチーズをパラパラ。
IMGP9320.jpg

レシピはネットに落ちてるのを参考に、こんな↓感じで。
強力粉200g
ドライイースト3g
塩ひとつまみ
ぬるま湯150ml
砂糖大匙1
オリーブオイル大匙1

一応予備発酵した後に全部の材料を混ぜて一まとまりにしたら30分くらい発酵させて、
2分割して少し休ませて、粉をうって伸ばす。
伸ばした生地に市販のピザソースを塗って具を乗せて、220度設定で15分焼成。
ふわふわ目の1cmくらいの厚みのクラストになった。
ほんとはもっとモチっとしてるかクリスピーな方が好みなので、改善の余地あり。
せっかくピザストーンを持ってるけど、予熱した庫内温度が下がる方がデメリット
なので、残念ながら今回も保温要員に。2枚一緒に焼きたかったし。。

自家製伊予柑ピールでチョコプチパン

『伊予柑ピールxチョコ プチパン』


先月くらいに作ってあった伊予柑のピールをそろそろ使ってあげようと、
パンに入れてみた。


IMGP1171.jpg


なんかヤル気の感じられない写真だけど。。。
ハード系なのかフワフワ系なのかはっきりしないパンになっちゃったけど、味はOK。
フワフワ系にする努力をした方が美味しくなるかも。


☆Memo☆
強力粉250g(カメリア)
塩3g
白神こだま酵母4g
自家製の伊予柑ピール1/2個分
スイートチョコレート40g(ピストールミアメール)
210度15分焼成。



にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


マーマレード x ヨーグルトの食パン

『甘夏マーマレード in ヨーグルトパン』


この時、意外と(?)また食べてもいいかな、って思える美味しいパンが
出来たので、、、無謀な自己流パンレシピ第2弾。
こういう時はいつも、食材(ヨーグルト)を使いきりたいのが理由(^^;)


IMGP0934.jpg


たくさん入れたつもりがマーマレードがあまり見えない。けど、風味はしっかり
昨日作ったマーマレードに違いない。ほろ苦でほんのり甘みを感じるパンになった。
結構良くできちゃったかも~?
このイメージで、リッチな生地にしてもとっても合いそう。


粉はソレドォルで。調子に乗ってヨーグルトを増やしたら最終的には扱いづらくて
ハードパンばりに生地を張らせる事が出来ない状態にしちゃった。160gか170gが
限度だったかも。でもそのかわり、とってもフンワリ^^
10分焼いたところで良い香りがただよってきて、覗きにいったらよ~く釜伸びして
トップが焦げそうだったのでホイルを1枚投入。
外見はイマイチかっこよくないな~。


IMGP0914.jpg


検索してみると意外とたくさん出てくるヨーグルトパンのレシピ。
検索したものや、いつもお世話になっている琥伯さんのレシピを参考に、出来るだけ
ヨーグルトを多く使えて、出来立てのマーマレードを効かせる事をポイントに考えた。
家に今無いという理由で、牛乳・生クリーム・卵は無し。
温度には気を使って、ヨーグルトは少し温めて加えた。


☆Memo☆
強力粉220g
塩3g
白神こだま酵母4g
ヨーグルト180g
バター20g
スキムミルク10g
自家製の甘夏マーマレード65g
陶器のミニ食パン型で、200度30分焼成。


白神こだま酵母、今までは半ば無理に溶いていたんだけど、今日はたまたま
35度に計ったぬるま湯を入れただけで放置していたらきめ細かにムクムク~~っと
起きて(?)いた。釜伸びも良いし、これが本来的に正しいのかは不明だけど
次からこれで行こう。



にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

anko

Author:anko
197x年生まれ、東京在住。2007年1月手作りに目覚める。

クリック募金

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
タグ

ロールケーキ パウンドケーキ パイ・タルト スポンジケーキ カヌレ フィナンシェ・マドレーヌ クッキー・サブレ・ガレット・ビスケット レシピ スコーン プリン・冷菓 チーズケーキ パンケーキ ピザ スフレ シフォン 和菓子 ブラウニー シュー  卵白 マフィン 食パン ダコワーズ 塩味系 マカロン  

検索フォーム
材料、お道具 購入先

お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
富澤商店
最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
訪問者数
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。