スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコ&オレンジのコラボロール

『ココア生地のロールケーキ』    4回目

レシピ                 本『ロールケーキの本

自己評価                4 /5

 

いつもの本から『オレンジ入りチョコロング』

オレンジとチョコとココア生地って想像するだけで美味しそうかも!

と気になっていた一品。

IMGP3049.jpg

思った通りオレンジの食感がすごくグッド☆

生クリームにはオレンジの皮が入ってます。

これの食感が意外にほわほわっとしてすごくイイ!

オレンジの皮はレモンに比べてすごく柔らかく、すりやすいのがわかったので

オレンジ色の部分だけをするように気をつけました♪

 

なんかいつもの癖(?)で生地のお砂糖を10グラム減らしたけど、ココア生地は

減らさなくて丁度かも。苦味をいつもより強く感じた。

そういえば今回からはココアを変えたのでそのせいもあるかな? 今までは森永の

純ココアで、今回からクオカ購入の最高級品とかいうやつを使用。

風味もちょっと違うな。。。とりあえずパンなんかも焼いて使い切ってみて、好きに

なれなかったら森永に戻ろう。

 

巻き巻きは教科書通り(^^)

IMGP2991.jpg

でも本を良く見ると、

レシピ=手前にチョコクリーム、まき終わりの方にオレンジとクリーム

見本写真=芯はオレンジとクリーム、巻き終わりにチョコ

ではないですか!!

だまされた!

なんか見た目的に写真通りにしたかったよぅ。こんな事もあるのね~。。

 

チョコクリームをあわ立てていたら思いっきり分離してしまった(_ _ ;)

モロモロ固形vs液体って感じで完全分離だったので残念ながらサヨナラして、

作り直した。生クリーム余分に買っておいてよかったぁ。

トロトロ崩れるイメージを恐れて、いつも泡立てすぎの傾向があるみたいです。

 

今日はいつもお世話になっているコスメショップのお姉さん達にプレゼントします。

喜んでくれる人がいると作るのももっと楽しい♪

IMGP3060.jpg

ベーキングシートを切ってはさみました。

この小さいボックス、薄めに切ったロールケーキ8切れにぴったりんこ。 

 

スポンサーサイト

初ディプロマットクリーム

『ロールケーキ + ディプロマットクリーム』   初制作

レシピ:                       本「お菓子作りのなぜ?がわかる本

自己評価:                     2.5 /5

 

この本のレシピなので美味しいに違いないと期待して作ってみた♪

思ったより上手くいったように見える。。。けど超残念!!!

スポンジ焼きすぎて固くなっちゃった。痛恨のミスです(;;)

それが無ければ、普通に美味しかった。

 IMGP3021.jpg

いつも、180度で9分なのに、何故か本通り200度で10分焼いてみようと思って。。。

いつものウチのオーブンで焼くのだから、生地の量自体そんなに変わらないのだから、

いつもの加減でやればよかったのに。

それにしても多分過去最高に膨れて、途中でオーブン覗いて、「おー!!」

一人で叫んじゃった。

(最近オーブンの中身に話しかける事の多いanko・・・)

 

☆いつも別立てで作っているのでジェノワーズは久しぶり☆

なんか手際が悪くて、もう一本別立てで作った方を作りやす~く感じた。

慣れの問題なのかしら?でもやっぱり、別立ての方が(メレンゲが)フワフワあわ立ち

やすくて、安心して作ってられる感じがするかなあ。

それに私は湯煎でだんだん温度を上げていく、、、ような温度管理が苦手なので

イコールジェノワーズに苦手意識みたいなものがあるっぽい。

今日も思ったより早く温度があがって、暖めすぎたような。。。

まっ、今日は夕食のカレーを作りながらのバタバタ目作業だったので(^^;)

いずれにしろそのうちノーミスでリベンジしよう。余裕のある時に。。

 

初めてディプロマットクリームなるものを試しました。ゼラチンが入っているので

とてもしっかりのクリーム。横からぶにゅ~が少ないのはそのおかげと思われる。

 IMGP2982.jpg

ちょっとだけ甘いかなぁ。

でもイチゴの酸味と相まって許容範囲、という感じ。

クリームの密でなめらかな感じ、伝わるかしら。。

IMGP3009.jpg

 

 ロールケーキの表面にシロップを塗ったのはすごく久しぶりだった。

リキュールはキルシュを選択。イチゴと合うかな~と思って。

キルシュも初使用でした♪

お砂糖小さじ1に水小さじ2、プラスキルシュ小さじ1弱にしてみたけど、味や風味が

そんなに主張せず良かったかなぁ。気持ちスポンジがいつもより甘く感じたのは

シロップ分もあったかもしれない。次回はお砂糖を減らしてみよう。

 

いつもとの違いもう1点。ロールケーキの本はバターを入れるけど、

今日のはバター無し。生地失敗してるから、比較が出来ないや。。 

 スーパーバイオレットももったいない!

 

+ Read More

とろけるカトルカール

『カトルカール』             初制作

レシピ             本「お菓子作りのなぜ?がわかる本

自己評価           4.5 /5

 

この本から2つ目だけど、やっぱりイイ!

お砂糖もレシピ通りでぜんぜん甘すぎないし、とにかく美味しいです。

本当はシャラント風にしようと思ったのに、何を思ったか最初にバターを練ってお砂糖

入れてしまった(_ _;)ので、ごく普通に全卵すり込み法になりました。

IMGP2909.jpg

高さは出てないけど、んも~ふわっとしていて、しっとり、なめらか。

今まで作ったパウンドケーキで、ここまで滑らかな舌触りって無かったと思う。

お口の中でとろける感じなんです~。

途中で飲み物ほしいって全く思わない。伝わらないかな。。

IMGP2964.jpg

レモンの皮を入れてるのでマドレーヌとおんなじ香りがしたけど、食感はぜんぜん!

マドレーヌもこっちを見習いたいかも。。。パウンド型で焼くとこんな感じになるのかな?

IMGP2900.jpg

オレンジに変えてもとても良さそう♪

カレも大絶賛で、夕食後に半分は無くなってしまった。。。最近よく食べるな~。 

 

欧州土産 ナイフ

IMGP2876.jpg

ZWILLING社の小形ナイフです。

これも母の欧州土産。

ちょうどこれくらいの小さな果物ナイフが欲しかったのでラッキー!

 

欧州土産 クッキー型

ankoの母が、最近何度目かのヨーロッパ旅行に行って来ました。

今回は、ドイツ・チェコ・スロバキア・ハンガリーだそう。

ドイツと言えばお菓子の本場!と思い、お土産にお菓子かパンのお道具を

おねだりしてました

 

その名も「LOVE SET」!!

キューピッドに、バラのブーケみたいのに、LOVEの文字に、ダブルハートに、

ペアのグラス。。。

細かい柄が、ankoにはちと高度かもしれません。

これを機に型抜きクッキーを作ろうかな~♪


モカロール

『モカ生地のロールケーキ』   初制作

レシピ:               本「ロールケーキの本

自己評価:             5 ☆☆☆☆☆

 

スーパーバイオレットで、初めてのモカ生地&モカクリーム。 

さすがに今回は、この粉がロールケーキに最適と言われている事に深~~く納得。

 IMGP2836.jpg

しっとり落ち着いてるのに、ふんわりやわらかで、且つなめらか~。

これまでも成功したロールケーキはいくつかあるけど、コレは自己最高記録更新!

て感じ。

前回のプレーン生地も良かったけど、今日はほんと、生地をすごくキレイに

焼く事が出来たから、食感も更によかったのかな?

生地のみ、レシピよりお砂糖をマイナス10グラム。味も程よく、良かったです。

 

今日は生クリームが100ccしかなかったので、クリーム量はレシピの半分。

そういう訳で楽に巻けました。横からぶにゅ~☆は無し。

私はこの、柔らかそう~な端っこの表情もとても好き(^^)

IMGP2829.jpg

  

個人的にはチョコクリームの方が好きだけど、モカはカレ大絶賛なのでたまに作る事に

なるかも。「もう一切れ♪もう一切れ♪あーでも明日も食べたいから残しとかなきゃ。。

困ったなー」だって(^^)

 

本ではアーモンドダイスを焼成時に表面に散らす事になってる。で、アーモンドが

くっついた焼き面を表にして巻く。見た目がかわいいし、これがしたくてわざわざ

買ってきたんだけど、、、”生地を焼く時に散らす”っていうのを見落として、普通に

焼いてしまった。

IMGP2866.jpg

やっぱりアーモンドも欲しかったので、今日はクリームの上に散らしちゃいました。

これはこれでいいけど、本の通りにしたらイイ感じにローストされて美味しそう。。。

やっぱり次回はやってみよう♪

なんとなく、焼き面は表にしたままで巻きました。 

 

ディズニーランド

土曜日に行って来ました。

何年ぶりかな~。

ホントは、たまーには行って遊びたいんだけれど、改めて見回して見ると

大人カップルってなかなかいないし、やっぱ浮くのよね。

Seaなら大人向けっていう名目があるのでいいんだけど。

・・・って思っていたら、きたーー♪ 姉家族からのお誘い

IMGP2740.jpg

 

いや~楽しかった!!!

姉家族は、パパ・ママ・長女(7歳)・長男(5歳)・次男(1歳)の5人家族です。

子供と遊ぶの(遊んでもらうの?!)、なんかすごく楽しかった~♪

上二人は素直でカワイイし、末っ子はニコニコご機嫌顔がかわいくて癒されます。

IMGP2781.jpg

カメラを向けたら急におめめをキラキラ☆っとさせて、顔を近づけてきたんです!

 

長男クンが撮ったチューリップ。なかなか上手に撮れてます♪

IMGP2777.jpg

・・・と、手のひら(笑

私のデジカメでいろんなもん撮ってました。

IMGP2770.jpg

この子は、「ankoおねぇちゃんと、サンダー乗るんだぁ」ってずっと言ってて

約束どおりビックサンダーマウンテン一緒に乗りました♪

ankoは単純ですから、そんなん言われるともぅ嬉しくって

 

ランチとお茶で入ったレストラン(クイーン・オブ・ハートのバンケットホール)で

食べたケーキ、美味しかった~。ランチの時にアップルチーズケーキを、

お茶した時にマロンケーキを食べました♪お写真とっておけばよかったなー。

実は私、マロンケーキは食わず嫌いです。

モンブランとか、惹かれた事がない。

それにこういう場所のケーキって、固そうで甘そうなイメージがあるけど、

ふんわり柔らかだったし、味もおいしかった~。この機会のおかげで、そのうち

マロンケーキをつくるかもしれません♪

 

途中雨が降ってきたので雨宿りに入ったお土産やさんでやけに惹かれた

ボールペンをゲット(笑

IMGP2878.jpg

先を出している状態。半ば隠れて、覗いています。

先をしまうと、、、

IMGP2879.jpg

やぁ♪

裏側も・・・

IMGP2881.jpg
IMGP2880.jpg

なんかカワイイ(^^;)

職場でさりげなく使ってやろう。むふふ(謎

焼き菓子の詰め合わせ

『紅茶のサブレ』     3回目

レシピ:          本「おいしい!生地

自己評価:             4 /5

 

マドレーヌとセットで、フードボックスに詰めたサブレ。

最近はお砂糖を変えたり紅茶じゃなくゴマにしたり、アレンジする事が多かったけど、

久しぶりにレシピ通りにつくってみた。 

周りにグラニュー糖をまぶすのも忘れずに。

IMGP2713.jpg

ベーキングペーパーの真ん中を山折にして箱を仕切ってみました。

硬い紙質なのでしっかりできた。

今回はしっかり発酵バターで作ったから、風味もバッチリですよ♪

 

マドレーヌ x2

『マドレーヌ』    7回目

レシピ:       本「おいしい焼き菓子のレシピ

自己評価:     3.5 /5

 

姉家族のディズニーランドの帰路用にお菓子をつくる事にしました♪

時間をずらしてマドレーヌを2回連続!

IMGP2668.jpg

↑これは1回目のお写真。

レモンの皮がちょっと足りなくて、その分果汁を足してみた。普段は果汁は加えません。

1時間くらいは寝かせたんだけど、おへそもあんまり出てないし、レシピ通りに

12分焼いてしまって、こんがり&パサついたぽい。

やっぱり果汁は入れちゃ駄目って事か。

うちのオーブンは小さいので、小さい焼き菓子だと表面に熱が強く当たりすぎる

のかも?と思いつく。

今度、天板重ね&アルミホイルかぶせて焼いてみようかな?

 

2回目。

IMGP2687.jpg

レモン買ってきましたよ♪

果汁は無しで、10分焼成。おへそもまあまあ出た。

綺麗に成功してない最近にしては、比較的好く出来たかな。

パサつきもなかった様子。

やっぱり香りづけには皮だよねー。 

IMGP2703.jpg

2日目・3日目が一番の食べごろです♪

作った翌日の夕方にねーちゃんに渡した☆

 

初マカロン

『マカロン』          初制作

レシピ:            本「I LOVE マカロン

自己評価:          評価外

 

こ、この物体は・・・・初めてマカロン、って事でお約束のごとく(?)失敗。

約15個分のレシピ。15個って、合わせて15組って事かな?一度に天板にのらなくて

先発組と後発組に分けて焼成。先発組は早々に無残な姿に。後発組は、多少

調整してみたが。。

写真は後発組の出来上がり(!)

IMGP2682.jpg

かろうじて、ピエらしき海洋生物の足みたいなのが出来ました。

中央付近が黒いのは、油染みかな~。。

初めてのマカロナージュに熱中して、多分20回以上やりましたから。

ツヤ出ろ~って念を入れたのが裏目に。

 

作り始め、卵白がやけにあわ立たなくて、最初の50グラム無駄にしてしまった。

汚れや水滴はついてないのを確認したつもりだったんだけど。幸い卵白がまだ

あったので2度目、なんとか泡だってくれたけど、満足な泡立ちには程遠かった。

この時点で失敗は確定してたような気もする。マカロナージュに入る時に

生地の感じがそれらしくて、一瞬テンション上がったんだけどな~。

失敗したら、原因をひとつずつ確認して再度挑戦、って言われても、正確に

原因をつかむのも1度や2度では難しそうだ。

 

先発組は、最初の210度で2分焼いた時点でぜんぜん膨らんでないし、真ん中がまだ

色が濃くて火が通ってない感じだった。

その後温度を下げて5分。この時点で、取り出したらかなりくしゃくしゃに。。。

その後5分やいても、べったりしたいちじくの輪切りみたいなのが並んでいた。

 

後発組は、最初の210度の1~2分のところでじぃ~っとオーブンを覗き、膨らむ様子を

観察した。2分経過した時点で膨らみ途中だったので、ちょっと追加して2分半。

イイ感じに膨らんだけど、半分くらいは惜しいところでひび割れが(TT) 

ピエっぽいのが出来てちょっとだけ救われる。

 

先発組と後発組の生地の違いは焼成前の乾燥時間だけなんだけど、表面がツルツル

乾いてても微妙に足りてなかったのかしら?

それともオーブンの予熱が低いのか。次回は予熱を220してみようかな。

ハンドミキサーの非力さを考慮して作る量を増やしてみたい気もする。

 

結局後発組も、次の5分の焼成で、しわしわっとつぶれてしまった。

とにかく、初マカロンは惨敗 

  

おみかんでロール♪

『プレーン生地のロールケーキ』   6回目

レシピ:                 本「ロールケーキの本

自己評価:               4.5 /5

 

念願の”スーパーバイオレットでロールケーキ”できた~。

バイオレットでもしっとりして美味しかったけど、やっぱりこちらの方がふんわり

するみたいです。より”売り物”っぽい出来になりました。

 

みかんやオレンジはココア生地と合いそうなので迷ったけど、やっぱりとりあえずは、

プレーン生地を焼いてみなきゃ!

って事で、いつものプレーン生地(レシピよりお砂糖マイナス10グラム)と、

ヨーグルトと生クリームを100ccづつを合わせてお砂糖10グラムで作った

ヨーグルトクリームで、一個一個小さい房からみかんを出してキッチンペーパーで

水分をとって、巻きました。

いつもクリームを控えめに塗ってしまうので、今日は綺麗に使いきってみた。

巻く前の緊張の一瞬・・・

IMGP2646.jpg

こんなん並べたのは初めてやってみた♪

実は巻き始めと巻き終わりで、生地の厚さが1センチ近く違う。

おかしいな~綺麗にならして焼いたはずなのに。斜めってたのか?!

更紙もすべらずに巻きやすいはずだったのにしーっとりしてしまって、

今日のたっぷりクリームの重みに破れそうな勢い。。。

IMGP2648.jpg

初めての巻き巻き失敗か?!

と心配になったけど、結局は上手くまとまってくれたみたいでホッとした(^^)

 

みかん、じゅわっとはじける~~。

生地、ふわふわしてる~~。

みかんとヨーグルトクリームがやけに合う~~。

生地にコアントローかオレンジの皮で香りづけしたら、更にマッチしてよかったなーと。

改善点分、自己評価をマイナスしました♪

おいしっ☆

 

バター

IMGP5275.jpg

「エシレバター有塩250g」

初めての高級な有塩バター!

ちょっといいお店で食べた味。そして軽い!味もおいしいけど、それよりも

とっても軽い!全部のお菓子をこの軽さで作ったら大分違いが出るだろうなぁ。

 

IMGP3828.jpg

上に乗っかってるしろ~いのがカルピス発酵バター

色がぜんぜん違います。

ほんとに真っ白だし、冷蔵庫から出したてでもとっても柔らか。

香りもとっても良いです(^^)v

贈り物が多い月は奮発してこれを購入。

 

IMGP2596.jpg

写真は、明治の無塩バター(下)と、発酵バター(上)。

よつ葉にしたり明治にしたりだけど、なんとなく明治の方が風味が好きかも。

よつ葉だと普通の無塩バターなら近所のスーパーでも手に入るけど、流石に

発酵バターは無理・・・と思っていたらエシレバターを発見。そのうち試します♪

 

グラニュー糖

IMGP2595.jpg

『特細目グラニュー糖』

なんの事はない普通のグラニュー糖なのだけれど、細かさが特細目!

冷たい液状のものにもさっと溶けてくれる、お菓子づくりの必需品です。

バターとあわせる時の、あの”ゴリゴリ”が全然ない。

Mサイズのスナップウエアに常備してます。

  

ココア


『ココアパウダー』

いつもは手近に入手可能な森永のピュアココアを愛用。

しっかりココア風味が楽しめます。これもお菓子・パンづくりの常備材料ですね♪ 

 

シリカゲル


乾燥剤です。50個入り。

パイやサブレは湿気るとサクサクじゃなくなって悲しいので、容器に入れてます。 

 

アルミフリー


『ラムフォード アルミニウムフリーベーキングパウダー』

この前は定番の愛国のものを使っていた。週に一度のランチのパンケーキに使う

程度なら別にいいと思うんだけど、やっぱり使用頻度が高いから気にしてみた。

口が広くて使いやすいのもグッド。 

 

粉糖


最近出番の多い粉糖。

コーンスターチが入ってないものを。

でもやっぱり、最初のマカロンは割れちゃった!

 

↑のだと量が少なくてすぐなくなってしまう。

1キロのゲットしました。もちろんコーンスターチなし。

IMGP3676.jpg

安心だ。。。

 

 

 

クッキングシート


『マトファー クッキングシート』

やっと繰り返し使えるのを購入しました。

市販のは結構高くて消費も早いので、できるだけこっちを使うようにします。

1ロールからいくつも取れるので嬉しい。

 

フライパンでお魚を焼く時はこちら↓を使ってます。ロールケーキにも。

30センチ幅だし、ロールケーキ用にはすべらない紙が適してるのかもしれないけど、

このシートでも綺麗にできます。他の市販のよりは、何故かコレがいい。

綺麗にはがれるんですよ。

IMGP2882.jpg

いつも東急ストアの雑貨コーナーでゲット。

 

スナップウエア


MサイズとSサイズ。

本当はLサイズに強力粉や薄力粉をたっぷり入れて置いておきたいけど、

置く場所がないのでとりあえずMで我慢。

強力粉・薄力粉・グラニュー糖にMサイズ、

Sサイズにはパウダー系とかお砂糖関係を入れてます。

密閉できて口が広くて、開け閉めが楽。使ってる方が大勢いる人気商品なのも

うなづけます。 

 

アルミ箔のパウンド型


『アルミ箔パウンド470cc』

これで368円。紙敷くと何度も使える。

チビパウンドのちゃんとした型も欲しいけど、とりあえずはこんなのがあったら便利かな。

電子レンジのパンレシピ用に。

 

バニラビーンズ


とりあえずは、安いほうのマダガスカル産。

カスタードクリームを作るたびに、ホントは使いたい。

袋を開けなくてもいい香りが漂ってます。お菓子づくりの憧れ食材の一つですねぇ。

 

そしてタヒチ産。

IMGP4071.jpg

 いや~~びっくり。クオカさんのレビューに目を通してはいたけど、

マダガスカル産の3倍近くはあろうかという太さ。

そしてこの粘膜は一体ナニモノ?! 中はねと~~~っとしています。

 

フードボックス

『フードボックス特大5個』

クオカ自由が丘店で、実物を見て購入。

焼き菓子の詰め合わせにぴったりです♪

小さすぎずお菓子がたくさん入って、でもコンパクト。持ち手が付いてるのもグッド。 

一見、チャイニーズのテイクアウト風。。


更紙


10枚セット。ロールケーキ焼くときは、こういう滑らない紙がいいらしい。

クリームたっぷりのを巻こうとすると敗れそうだけど。

私は主に、粉をふるう時に使ってます。

半分に切ったこの紙で計量して、もう1枚の上でふるって、又ふるって。

いちいちボールを汚さないで済むし、裏をはじけば綺麗に投入できるので便利♪ 

 

クオカ帰り

IMGP2582.jpg

 2回目の自由が丘店です。今日はかなり空いていて見やすかった!

 自由ヶ丘って事であまりに危険なロケーションですが、

なんとか他のお店を覗かず脱出(:_;)

 

クオカさんではお店の一角でデモの準備が進められてるところで、

多分フランスパン用の型?波なみで、四つくらい溝がついてるやつ。

が、テーブルに出してありました。

それから、天板にSILPATを乗せたのを何枚も。何つくるのかなぁ~。

天板に乗せて両手で押し付けてた。ああやるもんなのね、フムフム…。

SILPATって、思ったよりも薄くてペタペタしてるんですよね。

私は天板のサイズがあまりに合わなそうだから、クッキングシートにしましたけど。

思ったより使いやすそうだなぁ。

 

今日の目当てはアルミニウムフリーのベーキングパウダーと、粉糖。

それと何と言っても発酵バター!

普段はネットで注文する事が多いけど、どこのお店から何を買おうか悩んでいる

うちに時間が無くなって、行ってきた(^^;) 

今日の買い物だったら送料は315円だし、重たい思いをした事も考えたら絶対

宅配の方がよかった。でも、コレとコレとアレはこっちが安いけど、コレはクオカにしか

置いてないし・・・今はコレは我慢するから、コレとアレでいくらで、、、なんて

ぐちゃぐちゃ考えてたら、すっかり日にちが経ってしまったのです(^^;)

 

そんな悩みに加えてうちのキッチン事情も勘案すると、もう悩ましすぎて

おかしくなりそうです!!! 

 

  

 

ガレット・シャランテーズ

『ガレット・シャランテーズ』      初制作

レシピ:                         本「お菓子作りのなぜ?がわかる本

自己評価:                      3.4 /5

 

初ガレット&この本からの初制作。

すごく美味しそうでずっと気になって仕方なかったのを、やっと作れた。

なかなか美味しかったし、回を重ねる毎に上手により美味しく作れそうな

予感のするお菓子です。

 IMGP2575.jpg

本の、ものすごく美味しそうな写真のオレンジやグラニュー糖の感じは、

出せませんでした。

質感はかろうじて似たかな。表面のパリっと割れたところとか。

(軽く落っことしてテーブルにトン!となったら必要以上に割れちゃった^^;)

食べると、表面のぱりぱり感とスポンジ生地の感触がなんとも良い感じ♪

↓こちらは本のページです。きれいだ。。

IMGP2524.jpg

  

今日はあまり手際が良くなかった割りに早く予熱してしまったので、焼成開始時の

温度が少し低かったかもしれない。

オレンジとレモンの香りが良いけど、皮の苦味も少し感じるので、次回はきちんと

表面だけをするように気をつけたい。

 

今日は18センチのタルト型を使って、本のちょうど半分の分量で作った。

レシピは、22~24センチのマンケ型かタルト型。写真をみるとやっぱりマンケで作って

いるみたい。でもひっくり返せないじゃん?型からはずす時は、ちゃんと冷ましてから

にすれば割れたり崩れたりしないで上手く行くって事なんだろうなあ。

プロの人がその作業をするのをすごく見たい・・・。

ま、とにかく今夜は我慢できず、まだ底面が結構熱いうちに型からはずして、

食べてしまいました(^^;)

IMGP2558.jpg

 

量はレシピの半分だけど、焼き時間はレシピ通り焼いてしまった。しっとり具合と

焼き色を見ると焼きすぎでは無いみたいだけど、本当はもっと短い時間にすべき??

う~んやっぱりこういうところは自己流になってしまって、本当はどうするべきかが

とても気になります。

やっぱり、完全にレシピ通りで焼いてみたいなぁ。

本はマンケで作っていてケーキ自体の厚みももっとある。厚みが違えば食感とか

違うわけだし、やっぱりタルト型よりマンケがいいかも。

天板で焼いて、バークッキーにするイメージも合います♪

 

実は真ん中付近の一箇所だけがぷく~~っとバクハツしてた。

オーブンから出してもその箇所がすこし膨らんでた。押しても弾力が強くてそのまま。

でも冷めたら、いつのまにか平らになってた。

これって、なんで膨れたんだろ??平らになったから結果オーライ?

次もなるかなぁ??

 

昨日のタルトにしろこのガレットにしろ、18センチのタルト型って意外に小さいな~と

感じるこのごろ。。。二人ですぐに食べきれてしまいます。

22センチとかのマンケ型、買ってもいいかな。。。 

 

黒砂糖と黒ゴマのサブレ

『黒砂糖と黒ゴマのサブレ』           初制作

レシピ:                               アレンジ(ここ参照)

自己評価:                            4.5 /5

 

むぅぅ(・・)

これまた美味しい。サブレとしては成功デス。

今回こそ黒砂糖使ったけど、黒くはならないのネ・・。

IMGP2501.jpg

KIHACHIのこげ茶なヤツには、ココアでも入ってるのかな~。それともお砂糖か?

 

このサブレを焼く時はいつも発酵バターを使っているけど、今回は普通の

無塩バター。それでもバターの風味は感じられてOKです。焼成中の香りが

ぜんぜん違ったけど。

凍らせる前の生地をなめたら、すごく黒砂糖が効いていてめちゃいい味だったのに、

焼いたら消えてしまった。どうしたらいいんだろ?


+ Read More

レモンタルト

『レモンタルト』    初制作

レシピ:        本「絶対失敗しないパイとタルト

自己評価:          3.5 /5

 

初めてタルトを焼きました。

最初は美味しい!って感動したいから、爽やかそうなレモンタルトを選択。

 IMGP2441.jpg

 

パート・シュクレは、ほんとはきっと、もっとホロッとするものかもしれない。

粉糖使ったけど、少し固いかな。でもサクサクっとして美味しかった♪

レモンクリームは思ったよりねとっとした甘さで、期待した程の爽やかさでは

なかった。是非改善しておいしくしたいな~。

 

 IMGP2382.jpg

空焼きの時点で、ヘリに焼き色がつきすぎたような。

レシピ通り1時間寝かせたけど、焼成開始から5分以内で5ミリは焼き縮んだ。

本によって、寝かせる時間は2時間だったり一晩だったり。2時間の本では

重石を乗せて焼いているので、やっぱり1時間じゃ短すぎ&重石要なのでは?

今回の本の写真は、それ程低くなっているようにも見えないから、やっぱり

私の生地の問題??う~む。 

 

やっぱりペストリーボード必須かもなあ。

広い台がないのでまな板の上で生地をのばした。幅が、18センチの型には

もう少し伸ばしたかった感じだった。何より生地がすごくくっついてしまって、

スクレッパーで剥がしながらなんとか麺棒に巻き付けた。でもその時点で

かなり生地が柔らかくなっていた様で、半分はそのまま一体化しちゃってて。。。

結局手のひらで伸ばす事になってしまった。がんばった(^^;)

 IMGP2373.jpg

 途中生地が柔らかすぎると思って、ちゃんと冷蔵庫で一旦冷やしたし、お部屋も

すずしくしてたんだけどなぁ。

でもこうやってみると美味しそうだ(^^)

IMGP2419n.jpg

タルトは思っていたより簡単だと思うけど、やっぱり練習が必要♪

あと道具も。。。 

 

+ Read More

ヨーグルトのお菓子


 

ヨーグルトのお菓子

by 小川聖子さん

時々どうしても食べたくなるヨーグルト。そんな時は体が求めているんだと思います。

ヨーグルトをたくさん使うと、酸味がデザートを爽やかにしてくれる。

冷菓ばかりかと思いきや、焼き菓子もたくさん紹介されていてびっくり。

とっても頼りになりそうな一冊です。

 

プリンです♪


 

プリン

by 柳瀬久美子さん

焼くプリン、固めるだけのプリン、いろんな器で、飾りつけで、サイズで。

トライせずにはいられない可愛らしさとバリエーションです。

  

パイとタルトの本


 

絶対失敗しないパイとタルト

by 石橋かおりさん

お菓子づくりに慣れてきたら、作りたくてたまらないパイとタルト。

18センチの型のレシピがいろいろ載っていて、説明も丁寧な頼りになる一冊。

 

anko

Author:anko
197x年生まれ、東京在住。2007年1月手作りに目覚める。

クリック募金

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
タグ

ロールケーキ パウンドケーキ パイ・タルト スポンジケーキ カヌレ フィナンシェ・マドレーヌ クッキー・サブレ・ガレット・ビスケット レシピ スコーン プリン・冷菓 チーズケーキ パンケーキ ピザ スフレ シフォン 和菓子 ブラウニー シュー  卵白 マフィン 食パン ダコワーズ 塩味系 マカロン  

検索フォーム
材料、お道具 購入先

お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
富澤商店
最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
訪問者数
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。