スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷるぷる?レアチーズ

『レアチーズケーキ』     初制作

レシピ:            本『チーズケーキの本』

自己評価:          3.5 /5

 

ベイクドより作るの簡単~!軽めの仕上がりでいいかも。

レシピ通りにつくって、多分成功。

IMGP3793.jpg

うーんでも、レシピに対する好みの問題なのかな?

白い部分がとってもクリーミィで、個人的にはパンに塗って食べたら美味しい、

なんて思っちゃった。

レアチーズケーキ自体、何年ぶりに口にしたか記憶がない位なんだけど、

こんな感じだっけ?本には新しいタイプって書いてあるから、きっと違うのね。。

ゼラチンの割合の問題なのか、全体的にプルっとしてたような。

IMGP3787.jpg

グラハムクラッカーってレシピでよくみるけど、入手しづらい食材なんですねー。

初めて知った。

スーパー行ったら売ってると思ってて、今回は小麦胚芽ビスケットで代用しました。

でもぜーんぜん美味しいかも。すごく柔らかくて手で簡単に砕けるし、とても香ばしくて

このケーキの一切れを飽きさせないのに一躍かってくれたと思う。

色がもう少し濃いめの方がコントラストがキレイかな。少しココアを入れてみても

いいかも。

ゼラチンをふやかすのに、白ワインを使ったらかなり効きました。

これはこれで美味しいけど、私は素朴に、お水派かも。

また別のレシピでレアチーズを作ってみたいです。

 

やっぱり口当たりはつるっとしてるし、これからの季節いいかもしれないですね。

ホールの写真は何故かピンボケ。本みたいに出来たのに残念だなあ。

IMGP3777.jpg

 

夕方素敵な光景を眼にしました。

薄い雲で覆われたお空の雲間から光が差し込んで、いく筋にもなって地上に

降りそそいでいて、とっても神々しかった。 

 

スポンサーサイト

腰折れ体験

『サワークリームケーキ』

レシピ:                   こちらのをお借りしました。

 

アレアレアレっ・・・。

IMGP3756.jpg

これが噂の腰折れってやつに違いない。

ネットで調べると、水分が多かったり、焼きが足りなかったり、粉あわせだったり、

原因はいろいろあるみたいだけど。。。今回は何のせいか知りたいなあ。

いつもは180℃とかで45分くらい焼くのに、今回のレシピは確かに温度も低いし

時間も短い。そのせいかな?!5分は追加したんだけどな。やっぱり型のサイズが

微妙に小さいから、火の通り具合もレシピ通りじゃないのかな?!難しいのぅ。。

 

いつもの調子で、焼き上がりをすぐに型から出して冷ましていたら、急にカレが

「なんか、しぼんでるよ!!」

焼き上がりはきれいに真ん中が隆起して、うつくしーく焼けていて満足だったのに、

駆けつけてみると確かに膨らみはふしゃ~~っとしぼんでるし、しかも腰折れてる!

すごくショックでした~~(;;) 

IMGP3767.jpg

カレレポによると、味は普通に美味しくって問題ないみたい。よかったぁ。

切ってみると一部だけ生っぽい塊が。これを発見した時またテンションめちゃ下がった

けど、腰折れしてる部分の奥の位置だから、こいつのせいって事がわかりました。

そしてこいつは・・・焼きが甘かったせいと(?)、最後の粉あわせをお願いしたら、

最後頑張ってグルグル混ぜちゃったって白状したカレのせいと、両方かな。

 

ま、先週使い忘れたサワークリームは、無事消費できました(^^;)

それにしても、マトファーの金属型より陶器の型の方がキレイに焼けるような。。。

 

底取れデコ

IMGP3666.jpg

15cm, 18cm の底取れ丸型。

やっとチーズケーキに着手できて購入。

そのまま使っても液モレ無し、っていう口コミを見て決めたけど、噂どおり使いやすい

みたいです☆

底取れって基本はチーズケーキ用なのかしら。テフロンかステンレスしか無いの。

普通のスポンジにはやっぱり、共底のブリキを使い分け。

金属のパウンド型

IMGP3668.jpg

『マトファーケーキドロワ 18cm』

金属の型で焼いてみたくて、高さのないパウンド型よりこっち!と思って購入。

クオカさんのレビューも参考にしました。

見た目がキレイで、届いたのを見た瞬間テンションあがりました♪

使用感は・・・陶器の方が勝ってるかな?!

 

IMGP3897.jpg

『ブリキパウンドケーキ型中』

クオカさんで購入。デコと同じ理由で、やっぱりパウンドもブリキがいいのかな。

上辺が21センチだから、21センチ型かな。

さくらんぼケーキ

『さくらんぼケーキ』    初制作

レシピ:           本「コーヒータイムのお菓子

自己評価:         4.5 /5

 

二人して、甘酸っぱいフルーツのケーキが食べたくなって。。。

結局今週もパウンドケーキ焼いちゃった。型もおニューだし♪

 IMGP3709.jpg

初のさくらんぼを使ったケーキ。 

めっちゃめちゃふんわり&しっとり、味も良くて、元来焼き菓子があまり得意でない

ankoでも、飽きずに食べられるおいしさです☆

 

 ・・・パンではありませんよ(^^;)

 IMGP3684.jpg

 初めて、ちょっと焦がしちゃった(_ _;) 

 レシピは22センチの型分なんだけど、私のは18センチ。そのままの分量で作って、

型に入れた段階で生地が多いのは目に見えてわかっていたのに、焼成に入ってからは

オーブンに任せきりにしてしまって。。

普段より高さが出るだろうから、途中でアルミホイル被せないといけないかもな~

なーんて思ったのは、一瞬で忘れ去っていたようです。。

次やる時は、22センチ型をゲットしてからにするか、焼成中気をつけておいて

アルミ箔をかぶせるか、にしよう。

 

それと、使用するお酒はアマレットが指定されているんだけど、とりあえずないので

今日はキルシュワッサーを入れてみた。なので本来のレシピとは香りもサイズ感も

ぜんぜん違うものになったと思います。

でもこれはこれですごーく美味しくて満足。そのうちアマレットも試したいなあ。

 

IMGP3702.jpg

断面はこんな感じ。

背が高くなったせいもあって余計に、チェリーが下の方にたまっています。

次回は散らし方を研究要かも。でも当たり外れがあるのもたのしいかな(^^)

端っこは一番当たりです↓

IMGP3694.jpg

 

これを焼く事は夜思いついて、夕食後に近くのスーパーへ行ってさくらんぼを物色。

リンゴと迷ったけど、さくらんぼがスーパーに並ぶのは今の季節くらいだから優先。

本当は色の薄い日本のさくらんぼをイメージしてたんだけど、良さそうで手頃なものが

なかったので、アメリカンチェリーにしました。本もそうみたいなのでOKです。

それにしても、日本のさくらんぼ、やけに高くてびっくりしちゃうねぇ☆

 

 IMGP3661.jpg

生地とチェリーを段々に入れます。この上にさらに生地の層が乗るの。

数粒フレッシュなのを味見したけど、とっても甘くて、酸味もきいてて、しっかりした味で

とっても美味しい♪

アメリカンチェリーって、ハズレがなくて無難な気がする。

 

IMGP3664.jpg

種抜き機が欲しくなっちゃいました。

半分にしてくりぬくの、簡単だろうって思っていたけど、20個もやるとやっぱり手間と

時間がかかるし。この時期にしか活躍しないけど、手に入れたいなあ。

今日はこのナイフがなかったら、ちょっと辛かったと思われる。切れ味、サイズともに

バッチリです。サンキューママ♪ 

 

初の金属型を使った感想は・・・陶器の型との違いは、ほとんど無し(^^;)

今日は私の初マトファー、ケーキドロワを使ってみました♪

通常のパウンド型は背が低いらしいけど、私は元々背丈のある陶器のミニ食パン型 

しか持ってなくて、両者のサイズはほぼ一致。金属だともっと焼き色つくのかなーと

思ってたけど、陶器のほうもきれ~~に焼けてるし、差はぜんぜんないです。

陶器ほどふわふわっと焼きあがらないのかな、と思ってたけど、それも無し。

両者遜色無しの結果で、どちらを使うかは迷ってしまう事になりそうです♪

 

初のチーズケーキ

『ベイクドチーズケーキ』    初制作

レシピ:              本「おいしい!生地

自己評価:            4.5 /5

 

まずはベーシック中のベーシックを。

今週は出張先でも夜な夜な本を眺めて、早くつくりたいな~とワクワクしていた。

見た目、本のお手本写真にかなりそっくりになりました♪

 IMGP3726.jpg

 

味は・・・・んま~い♪♪♪ これならプレゼントできるかなっ(^^)

18センチ型で作って6等分。ankoは最後ちょっと飽きちゃったけど、なかなか

美味しく出来ました。市販品のあの苦手な風味もないし、バニラビーンズも効いていて、

塩味も効いていて、チーズをしっかり楽しめる。

 

よく見慣れたしわしわです↓

なるほど~こうしてなるのね。フムフム。

 IMGP3713.jpg

 

欲を言えば、クッキー生地がもうちょっとポロポロ崩れないように出来ないかなぁ。

このレシピではクッキー生地にクルミを入れます。良いアクセントになって、クルミ好き

には喜ばれると思うんですよね。

どうやら、真剣にフードプロセッサーの購入を検討する時期がめぐってくるサイクルが

早まってきたような。。。 

 

チーズやバターを合わせて混ぜると、すごく滑らか~な美しい生地が出来て上機嫌♪

お菓子づくりの楽しいポイントの一つです。

IMGP3645.jpg

下準備だけ済めばあとは順番によく混ぜ合わせていって焼くだけなので簡単。

・・・でも、材料の種類がそれなりにあるし、クッキー生地の準備もあるから、

全部計量するのがちょっと手間ではないでしょうか(^^;)

きっと作り慣れたら大丈夫とは思うんだけど。一発目はやっぱりやっちゃいました。

・・・ポツン・・

 IMGP3654.jpg

気付いた時は焼成に入っていたので時すでに遅し。

145グラム中90グラムも使い忘れた!!!

こりゃすぐにリベンジかな。消費期限的には来週になっても大丈夫みたい。。

これをちゃんと入れてたら、きっと今日のおいしさに爽やかさが加わって、もっと

美味しくなるに違いない~。。   

 

 

 

チーズケーキの本

IMGP3814.jpg

 

4つの季節のシンプルチーズケーキ

by 石橋かおりさん

お菓子作りを始めて3ヶ月。やっとチーズケーキに着手した時にワクワクしながら

選んだチーズケーキ専門の本。バリエーションが楽しめるケーキってホント好き。

夏を迎えるにあたっては、是非美味しいレアチーズを作れるようになりたいな。

4冊ある石橋さんのチーズケーキの本の中で、一番気に入ったこれを買いました。

 

バニラビーンズでカトルカール シャラント風

『カトルカール/バニラパウンド』     2回目

レシピ:                   アレンジ

自己評価:                  4 /5

 

本日の3本目(!) 次は絶対パウンドケーキ以外にします(^^;)

 IMGP3637.jpg

 

以前つくった相原さんのカトルカールが美味しかった為リクエストをいただいて、

でもそのまんまじゃなく、今日はレモンを入れずにバニラビーンズを使用。

それ以外は相原さんのレシピのまま、、、だから美味しいかなって思ったんだけど、

ラムもそのまま使ってしまった。バニラビーンズとは合うとは思うけど、香りが混ざって

少しもったいなかったかな??

焼き上がりの香りからして、バニラとラムのコラボ状態。

 IMGP3634.jpg

 前回のバニラパウンドと見た目は似た感じになりました。

相原さんのカトルカールの時、本当はシャラント風にしようと思ってスタートしたのに

ついいつも通り全卵すり込み法になってしまったので、今日こそシャラント風で。

本にあった通り、高さは出ないんですね。

こっちのお写真で見比べると違いは歴然。真ん中がこの記事のです。面白いですねえ。

 

シャラント風は工程が詳しく書いてなくて、焼き時間はとりあえず参照した

シャランテーズの焼き時間(25分)で、様子をみて(竹串が初めてドロドロに!)

170度に落として10分追加でいい感じになりました。

 

私は明日からまた出張なので2日目、3日目を味わう事が出来ず残念。

またカレにレポートしてもらおうかな。ま、日持ちするから手をつけずに金曜まで

残しといてもらってもいいんだけどね~♪(うそうそ)

今日時点では、バニラよりも卵の風味とラムの香りが感じられた。きっと明日には

バニラとマッチして美味しくなる事でしょう。 

 

 

備忘 タロッコオレンジ

母の日にオレンジケーキを焼いてみた。

オレンジを買ってきて塩をつけてよく洗って、輪切りにしてグラニュー糖でグツグツ。

最初の時は、ごく普通のイスラエル産。

煮てからこまかーーい種を取るのにすごく手間取ってしまった。パウンドケーキは

作るのが楽なのに、オレンジの下準備にかなり手間と時間を要した。ふぅ~。。

でも食べていて種が気になったら台無しだから、完璧にとりますよ。

しかも煮た後だから更にやりづらくて、次はぜったい煮る前に取るぞー!と思って

いたら、今日は良い発見がありました♪

 

タロッコオレンジなる、皮表面にちょっと色ムラのある、イタリア産のちょっと高いやつ。

今回は贈り物だし是非使ってみよう♪と試したところ、なんと種がないー!!

次回からオレンジは絶対にタロッコにします☆

 

ただ普通のよりも煮くずれ(?)しやすい気がする。より熟した状態で売ってる感じ。

少し厚めに切ったほうがいいかも。

 

しかもタロッコオレンジ、身が赤くてびっくり!ムラがあるので一瞬悪いのかと(^^;)

でもブラッドオレンジジュースって赤いじゃん、だからこれもこういうもんなのねーと

納得して使ったけど、後で検索したら、やっぱりブラッドオレンジの種類なんじゃん。

ビタミンCは通常のオレンジの2倍だそうな。

うん、これから絶対タロッコにしよう♪

 

母の日のケーキ

『オレンジケーキ』     2回目

レシピ:                  本『おいしい焼き菓子のレシピ』 + バニラビーンズ

自己評価:               4.5 /5

 

先週はこの為の練習でした。

本日の一本目。 

 IMGP3585.jpg

 

本日の2本目。

 IMGP3608.jpg

 前回は皮の白い部分がなかなか透明にならなくて結構煮詰めたんだけど、

今日は短時間で済んだのでシロップも十分作る事ができました。しつこくないシロップ

だから、刷毛でやさしく、たーっぷりうちました♪

 

前回とは何かが違うけど、今日の2本は双子な出来。

オレンジの並べ方を微妙に変えたのと、1本目は塩ひとつまみを忘れた(^^;)事くらい

の違いかな。オレンジの量が多いような気がしたけど、大きさは同じくらいのだったし。 

IMGP3614.jpg

 

型が一つしかないので、 頑張って順番に焼きました。2本目は生地が出来上がって

から焼成に入るまで、ちょこっと間が空いてしまったけど、大丈夫かな。

2本とも、バターのホイップ具合とか型への入れ方を同じようにやってみたら、

そっくり双子ちゃんになりました(^^)

 

どうやら型に入れる時、両端はヘリになすりつけたりして中央を意識してくぼませると

よりトップがもりもりっと割れるようです。比較的平坦な状態で焼成にはいると、

焼き上がりもトップの割れが控えめ。今日の3本目はそんな感じ。

IMGP3627.jpg

 

切って断面を確認したいけど、贈り物だからガマン。

実家からお写真送ってもらおうかな♪

クロネコさんで行ってらっしゃい(^^)

20070513124110.jpg

 

+ Read More

食べきりサイズのレシピ

IMGP3561.jpg

 

食べきりサイズの 大人のお菓子

by 荻田尚子さん

比較的小さめの型のレシピは、二人暮らしの私には強い味方。

かといって少量すぎないし、作ってみたいケーキもたくさん載っているので

つい買ってしまった。荻田さんのロールケーキの本もお気に入りなので

お名前で惹かれました。

これも、気取ってなくて、作りやすそうで、家庭で楽しめそうな内容です。 

 

ドイツのお菓子

IMGP3564.jpg

 

コーヒータイムのお菓子

by 門倉多仁亜さん

またお気に入りの本をゲット。

お母さんがドイツ人の多仁亜さんが、ドイツのお菓子を紹介している本です。

気負わず出来る、ぜんぜん気取りのない、とっても創作意欲がそそられる一冊。

安心で毎日食べても飽きない、家庭の美味しさを主張している点に一番共感します。

全部一つずつ作りたい。 

 

今週のお土産

今日の出張先からのお土産は、、、、

IMGP3551.jpg

どうやら有名のようです。

KONDITOREI  KOBE で検索したら、ブログがいくつかヒットしました。

そして皆が皆、この外箱の写真を載せています(^^;) うん、やっぱ載せるよね。

IMGP3558.jpg

 

さて、肝心の中身ですが、チーズケーキです。

『神戸クリームチーズケーキ』だそうです。 

IMGP3566.jpg

 感想は・・・

「市販品は口に合わなくなってきてるのかなあ?」 by ankoカレ

ankoも同じような感じなんです。

美味しいんですよ。滑らかで舌触りも悪くないし、甘すぎず、チーズの香りをしっかり

楽しめるし、チーズケーキとしてはとても美味しい部類だと思われます。

好きな人は、お土産にもらったらとっても喜ぶかもしれませんよ♪

 

うーん。でも普段手作りの美味しさに慣れてる人には、やっぱり手作りの美味しい

チーズケーキがいいみたい。ankoはまだトライしていませんが、近いうちに上手に

作れるようになりたくて、わくわくしてます☆ 

 

しっとりふわふわ♪ オレンジケーキ

『オレンジケーキ』     初制作

レシピ:            本『おいしい焼き菓子のレシピ

自己評価:          4.5 /5

 

むふふ・・・♪

オレンジパウンドに初挑戦です。次の週末に向けて練習。

IMGP3537.jpg

この照りがヤル気をそそりますね♪見た目がキレイに出来るととっても嬉しい(^^)

今回は本当に、本の見本写真にそっくりに仕上がったので、満足。

IMGP3479.jpg

オレンジの輪切りをグラニュー糖でグツグツ。フルーツはフレッシュなのが一番って

思っていたけど、お砂糖で煮ると香りと甘みが強調されてとてもグッドという事を

知りました。マーマレード作る時はこんな感じなんだろうなあ。

 

IMGP3526.jpg

高さも出たし、オレンジの乗せたのが綺麗に残った事が一番嬉しい。

写真奥の方はすこ~しこげ目がつきました。いつもは焼きムラのほとんどつかない

オーブンなんだけどな。やっぱりお砂糖で煮てるから多少こげやすいみたい。

お手本の本の写真も、ところどころは似た感じで焦げ目はついてるからOKとしよう♪

 

IMGP3545.jpg

煮てきざんだオレンジが、いい感じに混ぜ込まれました(^^)

良く見るとホラ・・・バニラビーンズいっぱい♪

IMGP3536.jpg

作る前にこっちの本のオレンジケーキとレシピを見比べて、どっちで作ろうか迷った。

結果、こちらからはバニラビーンズだけ採用してみました♪

 

そのうちバニラビーンズ無しのも作ってみたいけど、今回は贈り物にしたいので

ちょっと高級素材を使用♪

味見の結果・・・焼成当日に食べるなら、多分バニラ抜きの方がオレンジの爽やかさを

享受できて正解って気がした。でもしっとりして、フワフワでしたね~♪

シロップはオレンジの煮汁+コアントローです。

翌日には私は出張なので、カレが2日目、3日目の試食の感想をレポート。

バニラの香りとオレンジの爽やかさがマッチしてきて、すごーーく美味しくなったって!

やっぱり贈り物にする時には、バニラビーンズに活躍してもらう事に。

今回は過去最高ってくらいにどのお写真を使おうか迷った・・・(*^^*)

 

雛祭りのケーキも作ったし、本当は子供の日に甥っ子達にケーキを焼いてあげた

かったんだけど、連休は風邪でつぶれてしまって無念。anko体力無くてごめんよ~。

 

初夏

急に夏の気配が近づいてきた感じがしますね。

病み上がりのゴールデンウィーク最後の土曜日、近所の公園の木陰でランチしました。

萌え始めの一番美しい時期を見逃してしまって悲しいけど、少し緑で癒されたかな。

久しぶりによつばのクローバーなんて探してみたりして。

IMGP3503.jpg


IMGP3508.jpg

 

これは朝カレが焼いてくれたホットケーキ(^^)

キレイに焼けていてカワイイ♪

IMGP3470.jpg

やっぱりオウチが一番ダネ。

anko

Author:anko
197x年生まれ、東京在住。2007年1月手作りに目覚める。

クリック募金

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
タグ

ロールケーキ パウンドケーキ パイ・タルト スポンジケーキ カヌレ フィナンシェ・マドレーヌ クッキー・サブレ・ガレット・ビスケット レシピ スコーン プリン・冷菓 チーズケーキ パンケーキ ピザ スフレ シフォン 和菓子 ブラウニー シュー  卵白 マフィン 食パン ダコワーズ 塩味系 マカロン  

検索フォーム
材料、お道具 購入先

お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
富澤商店
最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
訪問者数
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。