スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヌレ・ド・ボルドー

カヌレ、初めて作ってみました!
シンプルなだけに難しいという噂だったけど、予習の甲斐があったのか、なかなか上手く出来たのでは?!
外側はバリンと固く、中はしっとりもっちり、ラムとバニラの香りも甘さも丁度よく、出来立てはもちろん1日経ってもとっても良い香り!

IMGP0741.jpg

半分はもう少しキレイな焦げ茶色で、焼きたてを写真を撮る間もなく、カヌレ好きにプレゼント。
残りは焦げ気味。オーブンの場所によって半分ずつに分かれたけど、プレゼントした分ももう少し皮が柔らかくても良いかもしれないと言われたので、恐らく全体に少し焼きすぎ。後半の焼成を250度35分にしたので、次は30分にしてみると良さそう。
うちのオーブンは最高が250度で、レシピでは250~260でと書いてあったので、火力が弱い事の方が心配だったので、むしろそこは安心して良い事がわかったのでよかった。

IMGP0748.jpg

中はもう少し焼けても良いような?生地が煮える様子が見えるまでの時間が10分弱かかっていたので、天板に銅板を仕込んで違いを確認してみたい。
レシピはこちら。いろいろな方のサイトで、牛乳の温度を70℃にするのが一番大事なポイントと書かれていたけど温度計がない。ググったところ鍋の淵にふつふつと泡がたってきた位が70℃という事だったのでそれを目安に。生地の準備は本当にシンプルですぐに出来てしまう。今回は26時間くらい冷蔵庫で寝かせた上で焼成に入った。

型は空焼きしてキレイにして、刷毛でバターを塗って冷蔵庫に冷やして準備。焼成後下向きに傾けたらスルっと抜けて、型離れは完璧。蜜蝋は扱いが大変そうだから今回はバターを使うレシピを選択したけど、やっぱり外側をバリっとさせるには蜜蝋が必須と書かれているのを複数見て心配になったけど、全く問題なかった。
焼成は、保温用のピザストーンを仕込んで予熱し、付属の天板に手前から4,3,3に整列。

最初の30分で生地が型から膨れ上がり、30分ギリギリのところですっぽり全員無事に元の鞘に収まった。オーブンの場所によって膨れ上がるタイミングがズレていて、思ったよりも膨れて来なくて失敗を覚悟したり、膨れすぎて型に戻らないのではとハラハラしたり、1時間があっという間の焼成でした。
膨れ上がるのが遅かった方が、結果的には焦げも少なくキレイに出来ていたという事に。

頻繁に使うものじゃないので使用後の型は一応キレイに洗ってしまったので、次回も油を塗って空焼きから。
焼成時間マイナス5分、銅板プラスで。


Trackback

Trackback URL
http://pantodessert.blog95.fc2.com/tb.php/632-b37d3b4b

Comment

Comment Form
公開設定

anko

Author:anko
197x年生まれ、東京在住。2007年1月手作りに目覚める。

クリック募金

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
タグ

ロールケーキ パウンドケーキ パイ・タルト スポンジケーキ カヌレ フィナンシェ・マドレーヌ クッキー・サブレ・ガレット・ビスケット レシピ スコーン プリン・冷菓 チーズケーキ パンケーキ ピザ スフレ シフォン 和菓子 ブラウニー シュー  卵白 マフィン 食パン ダコワーズ 塩味系 マカロン  

検索フォーム
材料、お道具 購入先

お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
富澤商店
最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
訪問者数
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。